TOMOMATSU GLASS MARKET

MENU
アンティークなおはなし

アンティークなおはなし(12)

きょうの 「アンティークなおはなし」は、
” キングビーズ ” と呼ばれる1800年代後期から1900年代初期に
イタリアのヴェネチアで作られたアフリカ向けのトレードビーズです。

20-2_20171008114132c3d.jpg

画像でも分かるように、ソロバン型(バイコン)という珍しい形をしたビーズです。
このビーズは、主に金との交換に使われていたという記録が残っていて
ある時期には、等量の金と交換していたということだそうです!

「キングビーズ」の由来ですが、このビーズは、王族や部族の酋長などの
位の高い人達だけが用いていたというところからそう呼ばれているようです。

20-1_201710081141330eb.jpg

上記の画像は、ラフィアという植物の葉を加工した紐にキングビーズを通して
ネックレス状にしています。
(ところどころに入っている赤いビーズは、アンティークなおはなし(3)で紹介した「カーネリアン・デ・アレッポ」です。)
王族や酋長などは、金と等量で交換するような高価なビーズを沢山使ったこのような贅沢なネックレスをしていたんでしょうか!


きょうは、ここまでです。
次回の「アンティークなおはなし(13)」は、10月22日を予定しております。




ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援クリックしてもらえるとうれしいですm(_ _)m

にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ



スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tomomatsubeads.blog89.fc2.com/tb.php/1436-4ad0edb7
該当の記事は見つかりませんでした。